重要課題

アマダグループが取り組むべきこと

1.商品のライフサイクルでCO2排出量を削減し、地球温暖化防止に貢献します

アマダグループの商品は生産財であり、商品のライフサイクルにおけるお客さま使用時のCO2排出量の削減が特に重要です。
グループの総力を結集して、エネルギー効率の向上や省エネ・省資源に資する環境技術の開発を推進し、すべての商品でCO2排出量の削減を図っていきます。
今後順次、環境性能に優れた金属加工の次世代を拓く商品の開発を進めていきます。

2.事業プロセスにおける省エネ・省資源を推進し、CO2排出量を削減します

アマダグループのエコプロダクツは、省エネ・省資源を進めたエコ工場とエコオフィス、そして環境意識の高い社員から生まれます。
すべての事業所で、業務プロセスの効率化と省エネ・省資源をさらに推進し、CO2排出量を削減します。

3.限りある資源の有効利用を促進し、循環型社会に貢献します

すべての工場で、ごみを出さない・入れない・つくらない活動を推進し、ゼロエミッションを実現します。
MFCA(マテリアルフローコスト会計)を導入して、ムダを見える化し、資源の有効利用を促進していきます。

4.規制化学物質に関する取り組みを強化します

アマダグループは、お客さまに商品を安心してご使用いただくために、これまでも規制化学物質の削減に努め、対象とならないRoHS指令に対しても自主的に取り組んできました。
これからも化学物質の適正な情報管理を行い、商品の規制化学物質の全廃を目指した取り組みを続けていきます。製造プロセスにおいても引き続き排出の抑制を行っていきます。

5.生物多様性の保全に資する「アマダの森づくり」を推進します

主力工場のある富士宮事業所には、広大な森林と最先端の工場が共存しています。これを「アマダの森」と名づけ「森を守る、森を生かす」をコンセプトに、森林の自然度を高め、様々な植物・動物が住む豊かな森づくりを推進していきます。
グループ本社がある伊勢原事業所では、「水とみどりと建物の調和」をコンセプトとした都会の中の森づくりに挑戦していきます。

2010年4月