商品の企画・開発・調達

商品の企画・開発・調達段階では、その環境性についても明確な目標を設定し、開発の各ステップで評価を実施して、業界トップクラスの環境性能を有する商品のリリースを推進しています。

製品環境アセスメント

No.1 製品使用時の省エネルギー化
No.2 製品使用時の環境への配慮
No.3 製品製造時の省エネルギー化
No.4 有害化学物質対応
No.5 省資源化
No.6 分離・分別・再資源化の容易化
No.7 輸送・梱包の合理化
No.8 情報の提供

製品環境アセスメントの目的は「環境負荷の大きな商品を世の中に出さない」ようにすることです。そのために、商品がたどるライフサイクル全般にわたって、8つに大別された視点から、その環境性を評価します。
この製品環境アセスメントは、開発ステップごとに行われるデザインレビューの中で行われ、その結果が一定基準をクリアすると次の開発ステップに進むことができます。
アマダでは、このような製品環境アセスメントの制度を1998年度より実施しています。

グリーン調達

グリーン調達

アマダでは、環境負荷の少ない資材を調達する「グリーン調達」を、環境保全活動の重要な取り組みとして位置づけています。
アマダの商品はRoHS指令の適用対象外ですが、アマダマシンで製造したお客さまの製品に規制化学物質が万が一にも付着しないように、RoHS指令対象物質の不使用を推進しています。

アマダグループグリーン調達ガイドライン

グリーン調達運用の詳細は、下記「アマダグループグリーン調達ガイドライン」等に規定しています。

アマダグループグリーン調達ガイドライン 日本語版 英語版
『グリーン調達』取引先・調達品調査票 日本語版 英語版
別紙(1)規制化学物資一覧 日本語版 英語版
別紙(2)規制化学物資詳細 日本語版 英語版
  • ※RoHS指令:電子・電気機器における特定有害物質の使用制限についての欧州連合(EU)による指令