廃棄とリサイクル

アマダグループではメーカーの責任として、お客さまでは処分が困難な使用済み部品や商品そのものの廃棄について、適正な処分を実施しています。

使用済み商品廃棄認定制度

使用済み商品廃棄認定制度

使用済み商品廃棄認定制度

使用済み商品廃棄認定制度
  • ※画像をクリックすると拡大します。

アマダグループでは商品がその役割を終えて廃棄される際、適切な処理が行われるように、その廃棄業務を委託する企業をアマダグループの選定基準に基づいて認定しています。2008年度から現在まで、パートナー企業2社で全国に5つの認定拠点があり、そのリサイクル工場では各種法令に関するコンプライアンスが確保され、適正処理が実現されています。

アマダ指定回収部品制度

アマダ指定回収部品制度

レーザマシンの光学系部品(レンズ・ミラー)

アマダ指定回収部品制度

ワイヤカット放電加工機のリサイクルイオン交換樹脂20L

アマダ指定回収部品制度

ワイヤカット放電加工機のリサイクルフィルター

指定回収部品 回収数

指定回収部品 回収数

指定回収部品 回収数

指定回収部品 回収数

  • ※画像をクリックすると拡大します。

当社の商品の中には、販売時点で技術的に代替する材料がなかったために、後に規制物質と指定された材料を含む部品を使用したものがあります。このような部品は、通常お客さまの手に触れることはありませんが、他の部品とともに廃棄されてしまう恐れがあります。そのため、寿命がきて交換したこれらの部品を、メーカー責任として回収し、適正な処分をする制度を2003年に設け、運用しています。