事業のリスクについて

当社グループの経営成績、株価および財務状況等に影響を及ぼす可能性のあるリスクには、主に以下のようなものがあります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末時点で当社グループが判断したものであり、以下の記載事項は、当社グループの事業に関するすべてのリスクを網羅するものではありません。

(1)経営成績等の変動要因について

当社グループは、金属加工機械器具および金属工作機械器具ならびにこれらに関連する工具、付属品および部品(消耗品、電子機器等)の製造、販売を主な事業としております。

当社グループの販売する機械器具は、生産設備として輸送機器・産業機械等幅広い分野の製造工程において使用されております。その結果、特定の産業の景況変動の影響は受けにくい傾向にありますが、産業全体の設備投資動向等が業績に影響を及ぼす可能性があります。

(2)海外展開について

当社グループは、市場のグローバル化に対応して、生産および販売拠点を北米、欧州、アジア等の海外にも展開しております。

このため、為替予約取引などによるリスクヘッジを行っておりますが、為替相場の変動、進出国の経済動向および政治・社会情勢の変化等が業績に影響を及ぼす可能性があります。

(3)価格競争について

当社グループが事業を展開する市場は、激しい価格競争下にあり、新商品の投入やソリューション提案型のエンジニアリングビジネスへの取り組みなどにより利益率の確保に努めておりますが、競争のさらなる激化や長期化による販売価格の変動が業績に影響を及ぼす可能性があります。

反社会的勢力への対応について

アマダグループ「企業行動規範」において、「私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは一切の関係を持たないとともに、不当な要求にも、妥協せず毅然とした態度で対処します。」旨を規定しており、グループ内に周知徹底を図っております。