個人投資家の皆さまへ

用語集

板金部門

レーザマシン

レーザ光線で金属板に穴をあけ、切断し、溶接をするマシン。これまで炭酸ガスレーザ(CO2レーザ)を使うことが多かったが、近年では、省エネルギー化・高速化・高効率化に対応するファイバーレーザを使ったマシンが数多く登場している。

パンチングマシン(NCタレットパンチプレス/NCT)

金属板に丸・四角等、いろいろな形状に穴をあけたり、切断等を行うマシン。穴をあけたり切断したりする刃の部分を金型といい、タレットにセットされた多数の金型を使い分けながら加工する。

ベンディングマシン

上下2本の金型で金属板をはさんで折り曲げるマシン。プレスブレーキともいう。

シャーリングマシン

せん断加工により金属板を任意の大きさに切断するマシン。

金型

大きく分けて、パンチング用金型とベンディング用金型があり、パンチ(上部)、ダイ(下部)で一対となっている。

ソフトウエア・自動化・周辺装置

加工プログラミング、生産管理、CAD/CAM、ネットワーク等のソフトウエア、板金加工機械を制御するCNC装置、自動化・システム化を可能にするマテハンロボット・材料棚など。

ソリューションパック

アマダグループが進める、VPSS(Virtual Prototype Simulation System:バーチャル試作システム)を中核としたデジタルなモノづくりシステムが最大限の効果を生み出すよう構築した商品のパッケージ。この中には、最新鋭機・周辺装置・金型・ソフトウエア、さらには様々な稼働支援が含まれている。

メンテナンス・サービス

全国に広がるネットワークと質の高いサービス力で「マシンの一生」をサポート。緊急の場合に備えて、24時間受付対応し、お客さまのマシンの安定的な稼働に努めている。

切削部門

バンドソーマシン

丸棒、形鋼をバンドソーブレード(帯鋸刃)を使って切断するマシン。

バンドソーブレード(帯鋸刃)

鋼材を切断する際に使用する帯状ののこぎり刃のこと。切断する材料によっては様々な種類のブレードがあり、お客さまのニーズに合わせてマシンと一体で開発している。

切削油

摩擦を抑制し、冷却作用がある切削用の溶液で、切りくず排出の効果もある。用途に合わせ、様々な種類を用意している。

プレス部門

プレスマシン

金属板を金型で圧力をかけて加工するマシン。端子などの電子製品、絞り加工の必要な自動車部品などの加工に用いる。

工作機械部門

研削盤

といしを回転させて加工物の表面を削り、精密仕上げをする工作機械。金型や工具等の加工に用いられる。

マルチプロセスセンター

工具を回転させて工作物を削るマシンで、高効率と高精度を両立する構造を持ち、難削材から微細加工まで対応している。5軸ミーリング、ターンミーリング、研削加工を1台に集約。

精密溶接部門

レーザ溶接機

発振器で励起されたレーザ光を加工物に集光させ、照射部分を溶解して接合する装置。微細に集光できる特性から自動車部品や電子機器、航空、医療などの精密部品の加工に用いられる。ファイバーレーザをはじめ、YAG レーザ、DDL(ダイレクト・ダイオード・レーザ)などの種類がある。

レーザ加工機

レーザを用いて、マーキング(印字・刻印)、剥離、バリ取り、トリミングなどの加工を行う装置。

抵抗溶接機器

重ね合わせた金属に電流を流し、発生する熱(抵抗発熱)を利用して溶解させ、同時に圧力を加えることで接合する装置。

すぐわかる!アマダホールディングス

  • 成長の歴史は?
  • どんなところで活躍しているの?
  • 特長・つよみは何?
  • 今後の成長戦略は?
  • 株主のメリットは?
  • 初めてでもわかりやすい用語集