STORY
05

EMIKO ENDO

遠藤 江美子

株式会社アマダ
第一ブランク加工技術部/伊勢原本社
2011年入社

大学時代は、ロボットづくりに夢中でした。

大学時代は機械工学を専攻し、設計や開発に関する知識を学んでいましたが、座って設計図を書くよりも、自分で機械を使ってモノをつくることが一番好きでした。部活ではロボットを制作していて、定期的に大会に出ていたことも。部活内でも、設計というよりも加工を担当していて、とにかく自分の手で何かをつくることに夢中でした。そして就職活動。将来について考えた時に、つくることも好きだけれど、一方で専門知識を活かして技術とお客さまをつなげたいという2つの想いがありました。そんな時に知ったのが、アマダのコンサルティングエンジニアという仕事です。

ビジネス視点と専門技術。両方が身につくこの仕事。

コンサルティングエンジニアの仕事は、一言で言うと営業活動を技術的な側面からサポートしていく役割。製品加工などに関してお客さまの現状の悩みや要望を伺い、どうすれば望んだ通りの加工を実現できるのかを日々検証し、実際に提案するのが主な仕事内容です。働いてみて実感しているのですが、“エンジニア”という名のつく職業でありながら、社外に出てお客さまと接する機会も多い。ビジネス的な視点を養いながらも技術者として専門的なスキルも身につけることができます。お客さまと接するなかで、アマダのマシンが社会を支えているという実感をかみしめる日々です。

営業的な視点を持つ、ハイブリッドなエンジニアへ。

学生時代から目指していたコンサルティングエンジニア。いまは技術者として、機械の先にいる海外を含むお客さまの反応を直接受け取ることができる点が一番のやりがいにつながっています。時には、「こんな加工ができるのだろうか」と驚くような要望を頂くこともありますが、そんな時ほど受注できたときの喜びはひとしお。技術的な課題解決ができると、お客さまの喜ぶ顔も見られますし、エンジニアではなかなか経験できない受注の重みも知ることが出来る。これからは技術をより一層磨くことはもちろん、売上に貢献していくという視点をより大切にして営業的な視点をもったエンジニアというキャリアを拓いていきたいです。

REAL VOICE