STORY
03

MARINA SAITO

齋藤 真梨奈

株式会社アマダエンジニアリング
ブランク開発部/富士宮事業所
2013年入社

板金加工マシンのダイナミックな動きに一目惚れ。

小さなころからモノづくりが好きで、将来は建築や機械の開発など自分の手で0から1を作りあげることができる仕事がしたいと思っていました。大学に入学する際に機械を専攻することを決めたのですが、当時の理由は携帯電話のような身近な製品を自分でデザインしたいと思ったことです。大学で勉強していくうちに、普段生活で使っている製品にはその前のモノづくりの工程があること知り、基礎から支えたいと思うように。そこで出会ったのがアマダの板金加工マシンです。初めてみた瞬間、そのダイナミックな動きに一目惚れ。思わず「これを作りたい」と心に決めたことをよく覚えています。

開発とは、お客さまの生の声に耳を傾けること。

入社後1年半は、研修として加工技術部でお客さまの製品を加工したり、展示場で実際にマシンを使って直接お客さまに対して新機種の説明をしたりしていました。現在の部署に配属になってからは、ファイバレーザマシンのメカ開発を行っています。マシンの機能追加や信頼性向上などの開発、お客様の要望に合わせた受注対応設計などがメインの業務です。仕事を進めていく中で役立っているのが1年半の研修経験。研修でお客さまから聞いていた「こうだったらいいのにな」という声を意識して開発するように心がけています。知識や経験ももちろん大切ですが、営業やコンサルティングエンジニアと違い、日頃お客さまと接する機会が少ない分、「何が使いやすいのか」をとことん追求できる技術者になりたいです。

「これなら私に任せて」と胸を張って言えるように。

配属されてから今までは、専門的にひとつのことに特化するというよりも経験として広く浅くモノづくりに携わってきました。もちろん、それも楽しいのですが、今後は「私に任せて」と胸を張って言える分野をひとつでも作りたいと思っています。現在は加工品質に直結する、レーザ光の光路設計を担当しています。この部分は、マシンの中でもいわゆるよく目につく部分。その分、「自分がつくったんだ」という実感が湧くので大好きなんです。今はまだ先輩に相談しながら進めることが多いのですが、今後はまずこの分野を極めて、「レーザ光の光路設計なら齋藤さん」と言われるような、後輩に頼られる開発者になることを目指しています。

REAL VOICE