職種紹介

メカ開発

鶴田 浩基

2009年入社

就職活動中の皆さん、はじめまして。
私は現在富士宮事業所で曲げ自動機のメカ開発を行っています。今の職種に就いて2年ですので、皆さんの近い将来をイメージできるのではないかと思います。

担当している仕事について教えてください。

多岐に渡りますので一部を紹介します。

「新商品の開発」

システムの構想→各装置の構想→設計→試作→評価テストといった流れで進んでいきます。

構想から評価まで一貫して担当できるのは、アマダの開発の魅力だと思います。

「輸出審査対応」

アマダの売上の半分以上は海外です。海外でマシンを売るためには各国の審査があります。この審査を通過させるのも開発者の重要な仕事です。海外のグループ会社と協力しながら行っていきます。やりとりはもちろん英語です。流暢に話せる必要はありませんが、意思の疎通を図れるレベルが必要です。

上記の他にもお客さまの要望により既存機種の特殊対応なども行います。

今までの仕事で一番の成功談や武勇伝を語ってください!

「材料位置決め装置の設計」

材料位置決め装置の設計をしました。カバー形状を工夫することで、より繰り返し位置決め性の高いものになりました。このことはお客さまの製品の品質を高めることにつながると考えています。

今までにあった仕事の大失敗談や教訓をこっそり聞かせてください。

「客観的データを残す」

“~だろう”は危険です。どんなに小さなことでも計算値や測定値、写真など客観的なデータを残し、それをよりどころにすることが大事だと思います。客観的なデータがないものに関しては、本当にそれで大丈夫なのか疑う姿勢が必要だと感じています。

今後の目標を教えてください。

「直近:マシンの設置・調整作業を一通りできるようになること」

まだまだ覚えるべき仕事がたくさんあります。まずはマシンの設置・調整作業をできるようになることが目標です。

「将来:ボタンひとつで製品ができ上がる自動システムの開発」

理想はボタンひとつで材料が製品になるシステムです。この理想に少しでも近づけることが目標です。

就職活動中の学生の皆さんに一言どうぞ。

「何か1つに打ち込む」

よく就職活動中の学生から「学生のうちにやっておいた方が良いことは何ですか?」という質問を受けます。そのとき私は次のように答えています。

サークル、遊び、趣味、読書、アルバイト、もちろん研究、何でも構いません。これだけは頑張ったな、一生懸命やったなということを1つ持っておくことです。

仕事に直接役に立つことはないかもしれませんが、これらの経験はきっと自信へとつながります。日々の自分を支える糧になると思います。残り少ない学生生活ですが、悔いのないようお過ごしください。