職種紹介

セールス

松井 崇峰

2010年入社

「いつもお世話になっております!アマダの松井です!」
就職活動中の皆さま。「不況!就職難!」と不安要素が多い中での就職活動ご苦労さまです。
こういう私も大学3年の就職活動開始の頃にリーマンショックが来てしまい…つらかった記憶があります。それでも、自分の「やりたい仕事」を諦めず最後まで追い続けた結果が実り、今日のアマダでの仕事に就けているのだと感じます。
就職活動は競争です。自分らしさをしっかりと出して最後までがんばりましょう!

担当している仕事について教えてください。

現在、広島営業所のベンディング商品担当として毎日奮闘しております。一番の使命はマシンの販売です。ただ、我々の業界の商品「生産財」の取引は金額が桁違い。簡単に何十台も販売できる世界ではありません。「この若造になにができるんや」と思われながらも日々懸命にお客さまにとって最も良い提案を探していきます。

「どんないい商品があっても、お客さまが最終的に買うのは担当者から。すべては人と人との信頼関係」。日頃、上司である営業所長に言われている言葉です。まだまだできることは少ないですが、お客さまとの信頼関係を構築し、お客さまに商品を買っていただき、「松井君のおかげで、効率が上がった」「買ってよかった」と言っていただけるお客さまを1社でも増やすことが私の役割です。

今までの仕事で一番の成功談や武勇伝を語ってください!

武勇伝と言っていいのか分かりませんが…私のような若くて経験のない人間はどんなお客さまにも当たって砕けなければいけません(笑)。それはアマダの商品を買っていないお客さまに対しても同じです。門前払いも往々にしてあります。私にできることといえば、くじけず、何度も訪問し続けること。旧態依然だと言われるかもしれませんが、これが基本だと思います。そんな中、ひたすら通い続けたかいがあって、長年アマダと取引をしていなかったお客さまに商品を買っていただくことができました。もちろん自分の実力とは言いませんが、そのときの嬉しさはひとしおでした。

今までにあった仕事の大失敗談や教訓をこっそり聞かせてください。

失敗談ですからね。こっそりとも言えないこともありますが…あれは営業所に配属されたばかりのころ、何も考えずにお客さまに言った一言でお客さまの怒りを買ってしまったことがありました。正直、本当に心臓が止まってしまいそうなくらいの衝撃を受けました。

ビビリましたよ!そりゃ。慌てて上司と一緒にお客さまのところに行って謝罪。現地(お客さま先)に出たばかりだったので、わけもわからず本当に慌てました。その後、お客さまに許していただき、むしろそれがいいきっかけになり、今では複数台の商品を購入していただける関係となりました。

いまだに社長(お客さま)からはそのときの話を笑い話として言われるので恥ずかしいのですが(笑)。

今後の目標を教えてください。

とにかく視野を広く、経験を重ねることです。今やっている仕事をとにかく突き詰め、経験と自信を手に入れたいと思います。

どこに行っても成果を出すことができる人間になる!もちろん国内だけでなく海外でも!アマダは海外で仕事ができるチャンスがある会社ですから、そのチャンスを生かして自分の人間としての幅を広げたいと思います。

ということで、コツコツ英語の勉強をしています。

就職活動中の学生の皆さんに一言どうぞ。

就職活動中の学生の皆さま。就職活動はうまくいくときもあれば、落ち込むこともあります。また、それが延々と続くのではないかと不安に駆られることもあるかもしれません。ただ、それは就職活動だけのことではありません。働くということは、往々にしてそういった日々の積み重ねです。その中で、自分に厳しく、自分を律することが成功への道だと思います。就職活動がうまくいかず、悩むこともあるかもしれません。冒頭でもお話しましたが、自分の「やりたい仕事」を諦めず、最後まで自分らしさをしっかりと出して、最後まで諦めずに戦いましょう!皆さまの就職活動がうまくいくことをお祈りし、また、これを読んでくださっている皆さまとともに働く日が来ることを楽しみにしています。