職種紹介

サービスエンジニア

宇野 耕介

2009年入社

サービスのページを開いてくれてありがとう!
私は広域担当サービスとして静岡を拠点に東海地方の応援をしてまわっています。静岡に納入される場合は当然、他県でも応援依頼があれば飛んでいきます。北海道なんて応援を頼まれると嬉しくてたまりません。

担当している仕事について教えてください。

私の仕事は、マシンの試運転の応援が中心です。

試運転とは・・・

大きくてとても高額なアマダのマシンが、富士宮の工場からトラックに載せられ、お客さまの工場に届けられます。トラックから降ろし、お客さまの工場内へ置かれた後の作業が試運転というものです。具体的には、移動時にマシンが壊れないように固定されていたり、ケーブル等が一旦外されていたりしますので、それらを元に戻しマシンが正常に動く状態にするまで様々な作業があります。

ほかにも、サービスという職である以上、修理します、心の。

というのは冗談で、納入後のマシンの点検や原因不明で止まってしまったマシンの修理や原因追求もします。

今までの仕事で一番の成功談や武勇伝を語ってください!

マシンの試運転は、正直なところできて当たり前と思っているので、成功談は思い当たりません。まだまだ我が身精進の日々が続いている中、失敗しないよう、また先輩方の足を引っ張らないようにしていくので精一杯です。

あ、武勇伝なら1つだけ。現地に出てから風邪で一度も休んだことありません。

今までにあった仕事の大失敗談や教訓をこっそり聞かせてください。

失敗ばかりですよー。入社当初から失敗続きですね。

入社初日から始まる人事部教育の時に同期のみんなでどんちゃん騒ぎして怒られたり、サービス研修中に同期のみんなで騒いで怒られて1カ月間掃除したり、マシン研修中に操作不手際でマシンを壊したりなど、失敗談は語るに尽きませんね。

教訓については、私は1度やってしまったことを2度は繰り返さないようにしています。

1回は何をやっても大体許されるのですが、2回続けると不信感が生まれ、3回以降も続けると、信用を失います。

ですので、できうる限り1度で覚え、同じ失敗を繰り返さないようにしています。それでも1回で覚えられることばかりではないので、忘れてしまった場合は、自分で調べて思い出します。

今後の目標を教えてください。

サービスとして海外で働く可能性もあります。私は英語できませんけど。

でも、大丈夫!

会話できなくてもマシンを直せればお客さまは文句を言いません。

会話できなくてマシンも直せないのでは話になりませんからね。

ですので、今後の目標は、

結婚相手を見つける!

ではなく、もないのですが、

海外でも生き続けられる技量を身につける、ですね。

就職活動中の学生の皆さんに一言どうぞ。

就職難、就職難なんて言葉をよく聞きます。果たしてそれは本当なのでしょうか。

仕事を厳選し、ここの会社以外入りたくないという思いが、就職難をつくり出しているのではないのかなと私は思います。

一途に1つのことを目指していくのは大事なことだと思います。

ですが、会社に入り一社会人となったとき、必要になるのは広い視野です。狭く偏った目線で物事を考えていくと、どうしても孤立し、うまくいきません。就職活動中は様々な人と出会う機会が多いので、その中でどれだけコミュニケーション能力を伸ばせるかを考えてください。

たとえ、技術がなかろうが、知識がなかろうが、会話がはずめば大丈夫!

技術なんてあとからついてくるものですし、知識なんて教えてもらえばいいんです。私がそうでした。アマダの面接でも、これを読んだってことを人事部に言うだけでも会話が広がりますよ(笑)

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

それでは、アマダでお会いすることを楽しみにしています。