STORY
06

AKIMI AYUKYO

鮎京 秋実

株式会社アマダマシンツール
研削技術部/土岐事業所
CE/2011年入社

マシンの使い方を、技術の力で考える仕事。

現在の仕事は研削盤のコンサルティングエンジニアとして、お客さまの悩みや要望を営業と一緒に技術的に解決していくことです。具体的にはお客さまの「こういう加工を実現したい」という課題に対し、アマダの商品を用いて実現可能かを検証し、最適なソリューションを提案していく仕事です。大学では、研究室でパソコンと向き合いながら機械設計を行っていました。学生時代は機械を「作る」ことを学んできましたが、現在はマシンを「使う」時にどのような仕様や方法があるのかを徹底的に考えます。マシンも基本のソフトではどんな加工にも対応しているわけではないので、お客さまによってはオーダーメイドの提案をする必要があります。つまり、私のところに相談が来る時は解決しなければならない部分が必ずある状態です。アマダに入社するまでコンサルティングエンジニアという仕事があることを知りませんでしたが、実際に働いてみると技術職でありながらお客さまと直接やりとりして、目の前で喜んでもらえる。そこに最もやりがいを感じています。

提案から受注までおよそ3年。毎日向き合う日々でした。

今までで一番印象に残っている仕事が、初めてお客さまにご相談をいただいてから、実際に製品を買っていただくまでに約3年かかった仕事です。複雑なマシンであったため、お客さまの要望に沿った金属の加工を実現するまでに、あらゆる可能性の加工パターンをほぼ総当りで検証しました。「ご要望通りの加工ができた」と思って、加工物をマシンから取り出して計測してみると先端がお客さまの指定よりも数ミクロン欠けてしまい、やり直しになったことも。改めて、金属加工というのは繊細な技術が必要なのだと感じました。アマダの商品は1台で数千万円といった高価なものも多く、当然高い技術力を期待されます。技術、営業、開発など各部署の力を合わせて期待に応えていくので、受注に結びついたときのやりがいはとてつもなく大きいです。自分の技術でお客さまに納得してもらえたのだと嬉しくなりますね。

どんな時代でも、最先端の技術を届ける。

時代によって変化するお客さまの課題を技術的に解決していくこの仕事。同じ内容が一つとしてないので、突き詰めていくことに終わりがありません。10年経験してようやく一人前になれるといわれているほどです。最近は3Dプリンタ等、今までの加工工程が大きく変わるような技術も進歩してきています。しかし、金属加工の最終工程で1ミクロンを追う研削加工の技術はやはり長年の蓄積が必要。だからこそアマダの技術力を強みに、どんな時代でも最先端の技術を提案していきたいです。

REAL VOICE