STORY
08

KEI MAJIMA

真嶋 慶

株式会社アマダ
首都圏営業所/南関東支店
営業/2013年入社

技術力を広める、なくてはならない仕事。

現在は、東京都の城南地区から神奈川県川崎市、横浜市鶴見区を中心に、ベンディング・パンチングマシンの営業を担当しています。お客さまから見れば「アマダの真嶋」になる為、自らの担当製品の販売だけにとらわれることなく、どんな些細な依頼でもお受けすることを心がけています。入社して驚いたことは、金属加工に関わる業界ではアマダを知らない人がほとんどいないこと。私は文系だったので機械メーカーにはあまり馴染みがありませんでしたが、いざ飛び込んでみたら板金加工機械メーカーのアマダのネームバリューに気付かされた事が印象的でした。お客さま先では、諸先輩方が培ってきたアマダブランドを背負うため、責任は大きいですが誇りある仕事だと感じています。

入社一年目から、経営者とやりとり経営者と喜びを共有。

この仕事の一番のやりがいは、お客さまとの関係性を築いていく事です。入社一年目でも経営者の方と直接商談に臨みます。会社の研修で学んだとは言え、まだまだ知識の足りない自分に「こんなこともわからんのか!」と言いながらも、加工について教えてくれたのはお客さまでした。アマダのマシンは高額で耐用年数も長く、商談の期間も長い事が多いため、契約を頂いた時の喜びは勿論大きいのですが、マシンを納入し、お客さまが喜んでいる姿を見た時は、いっそう達成感を得られやりがいを感じます。

「アマダ」ブランドを背負うという使命感。

あるお客さまから、「あいつは根性がある。ああいうやつなら、どこに行っても売れる。」と評価していただいたことを先輩づてに聞きました。契約を頂けるまで何度も通った思い出深いお客さまだったので、嬉しかったです。これまでの自分の人生で、根性があると褒められたことはありませんでした。それでも評価していただけたのは、「アマダ」というブランドを背負って責任ある立場を任せてもらったからだと感じています。配属されて四年になりますが、まだまだ突き詰めていくべきことがたくさんあります。今年の初め、尊敬する先輩が転勤してしまうということで引き継ぎのためお客さまへ同行訪問していた際、とあるお客さまから冗談混じりに「担当を外れるならもう買うものはないな」と言われていました。まだ経験が浅いですが、私もいつかアマダブランドを越えて自分自身を買ってもらえるよう、お客さまとの関係性を築いていきたいと思っています。

REAL VOICE