STORY
01

HISASHI NAGAYAMA

長山 尚史

株式会社アマダエンジニアリング
富士宮事業所/第二制御開発部
開発/2012年入社

人に誇れるモノづくりをしたいという想い。

大学時代は機械工学を専攻。物質の原子や分子の配列を考え、どのようにすれば電気が流れやすいかなどをシュミレーションする研究をしていました。機械を構成する上では、このような部分も大切ですが、将来的には「実際に動く機械を作りたい」という想いもあり、機械メーカーを中心に就職活動を行いました。アマダの説明会は、本社にあるマシンの展示場で行われます。そこで、自ら開発したマシンを紹介する先輩たちの姿がかっこよかったのがとても印象的でした。いつかは自分も、こんな風に人に誇れるモノづくりをしたいということが決め手となり入社しました。

アマダでは、どんな経験でも必ず活かせる舞台がある。

入社後は制御開発の中でもPLCラダーなどの制御ソフト開発を担当していましたが、昨年からはハード開発をメインで担当するようになりました。現在は、各マシンに搭載されるあらゆるセンサーをつなぐケーブルの設計や、マシンの頭脳であるコントローラーや電気電子部品を実装する制御ボックスの開発を行っています。大学時代の専攻はどちらかといえばソフト寄りでしたので、自分としても初めてのチャレンジでしたが「この仕様をソフトで実現するのは苦労するので、出来る限りハードで対応しよう」と考えることができ以前のソフト開発の経験が活かせています。マシンを開発するという共通の目的の下、どんな知識や経験も必ず活きる場所があります。キャリアを歩む中で得た知識を次に繋げられるのはここで働くメリットの一つだと思っています。

配属してすぐに任された、新規開発。

今、任されている開発プロジェクトで、現在はマシンのモーター制御部分を担当しています。通常、私たちの業務はシリーズ化やマシンの機能アップ開発がメインであり、元々ある技術にどういう設計を加えればいいのかという考え方をすることがほとんどです。一方、このプロジェクトはこれまでになかったものを新たに設計するというものです。配属されてまもない私が担当することに驚きでしたが、今は日々イチから勉強して新たな技術を習得でき、スキルアップを実感しています。今回のプロジェクトをまずは成功させて自信をしっかり付け、将来的にはまだ誰もやったことのない開発にも積極的にチャレンジしていけるようになりたいですね。

REAL VOICE