STORY
04

KOUHEI USE

鵜瀬 耕平

株式会社アマダエンジニアリング
生産管理部/富士宮事業所
2014年入社

大きなマシンから繰り出されるミクロの繊細な加工。

ダイナミックなマシンのかっこよさに惹かれて、大学では情報理工学を専攻。ロボットの開発や設計の実作を通して研究を重ねていました。就職活動でアマダを知った際も、あんなにも大きなマシンで1ミクロンレベルの繊細な加工を実現している技術力に惹かれ入社を決意。昔から、とにかくかっこいい機械が好きだったので、多数見た会社の中でもアマダのマシンのかっこよさと、スケールの大きさは別格でした。念願叶って入社した後は、約1年間実証加工の部署で研修を行い、生産管理部に配属になりました。

アマダのマシンの基礎を支える、誇りある仕事。

生産管理の仕事は、設計から上がってきた図面を元に、発注が必要な部品を選定し、調達部門に情報を渡すというのが主な業務です。一般的には人の目につかない、裏側の設計とも言える重要な部分。まだ経験の浅い自分では手配構成も一発でOKということは少なく、見直しが必要なことも多いです。その分ここで知識と経験を付けることは、マシンの基礎を学ぶこととイコールだと感じています。また、いかに製造に関するコストを削減するのかを考えることも、重要な視点です。縁の下の力持ちのような存在ですが、アマダのマシンの基礎を支えている重要な役割。ここでの経験は製造の流れ全体を把握することができるやりがいのある仕事だと、誇りを持って取り組んでいます。

キャリアを積んで、一歩先を見られる技術者へ。

今後は、部署内での目標とその先の目標がそれぞれあります。まず部署内では、専門的な技術だからこそ個人に依存してしまいがちなスキルを均一化していくこと。システムやマニュアルを整備して、誰もが使えるものにしていきたいです。その上で、自分もしっかりと生産管理のスキルを身につけて、ゆくゆくは設計や開発で活かしていきたい。マシンの機能や表面的な構造以外に、「この部品を使えばより早く納品できる」という判断ができるのは生産管理の知識を持っている人だけだと思います。ですので、ここでの知識と経験を活かし、どんな職種においても一歩先の提案をできる技術者を目指していきたいです。

REAL VOICE